2008年6月14日(土)21:00より
IL-2 「1946」4.08m によるイベントが行われた
ドッグファイトアリーナにて日米両軍による空母戦で、
1942年6月4日の「ミッドゥエー海戦」をシミュレートしたものだ。

現行のIL-2「1946」のシステムでの空母戦の再現に
イベントデザインの試行錯誤がなされ、
直前のルール改定や、調整など二転三転する状態が続いた。

また、青、赤双方陣営用の掲示板を準備する初の試みもなされた
当日は40名に達する参加者をむかえ盛大に行われた。

更に、「フェーズ制」という斬新なシステムも試用され今後の
ヒストリカルイベントの有り方に一つの方向性を見出せた。

ただ、空母の耐久性、雷撃の威力などから対空砲の強度や頻度
更には起爆装置の程度など、今後の課題も多く収穫の多い
イベントだった。

実際の内容としては、「索敵」という、非常に単調な作業が
先行したが、一方的になることなく殆ど同時に双方を発見し
攻撃が開始された。
今回は対空砲の頻度と強度を上げたのでラグによる爆弾投下
のタイミングがわずかに米軍が遅れただけで、ほぼ同時に
双方の空母にダメージが入った。 
その点日本軍はラッキーだったと言えよう。
また、人数比で不利だったにもかかわらず連合国はよく健闘した。

予告ページ
http://il2japan.web.fc2.com/naval_war2/announce/navalbattletop.html


以下、アメコミ風スクリーンショット
ただし、内容は一部脚色、編集がありますwwwwww

























































































終わり


inserted by FC2 system