mission #01
mission #02
mission #03
mission #04
mission #05
mission #06
mission #07
mission #08
mission #09
mission #10
mission #11
mission #12
mission #13
mission #14
mission #15
mission #16
mission #17
mission #18
mission #19
mission #20
mission #21
mission #22
mission #23
mission #24
mission #25
mission #26
mission #27
mission #28
mission #29
mission #30
mission #31
mission #32
mission #33





イタリア半島の形を長靴にたとえるならば、そのつま先で石を蹴り飛ばした辺りに
シシリア島がある。 当時”柔らかなヨーロッパの下腹部”と言われたイタリアに
連合軍は迫ろうとしていた。

時に1943年7月10日

東部戦線では、クルスクで「ツィタデル作戦」が開始され
太平洋戦線では米軍がラバウルに「カートホイール作戦」を展開し
コロンバンガラ海戦が行われていた頃である。

モンゴメリーの率いる英第8軍とパットンの率いる米第7軍がシシリア上陸を敢行
世に言う「ハスキー作戦」の幕開けである

シシリアの地図をみて欲しい。




当初連合軍はシラクサ南方の南西の海岸(英)と南端のジェラ地区(米)に上陸し
北上して北端東部にあるメッシーナを目指す予定だった。
しかしシシリアの守備にあたる「ヘルマンゲーリンク師団」はじめドイツの精鋭
エリート部隊が頑強に抵抗し、エトナ山の手前で攻撃は頓挫してしまう。
本来なら英8軍を側面援助する立場のパットン将軍は、英軍の進行速度にイライラ
し、独断西側を北上し、パレルモを制圧。取って返して北の海岸を東に進んだ。
米軍は8月10日にトロイナのドイツ防衛線を突破し、ほぼ勝利を手にした。

今回(8thシーズン:リアル2007年9月25日開始予定)のマルチ・キャンペーンはCoop
シナリオ形式で行い、史実のドイツ軍シシリア島逃避行までの一ヶ月を、33の
ミッションで遊ぶものである。Ccrashh氏のシナリオに多少の修正と改造をした。

主役は米第9飛行軍第355航空隊のロッキードP-38である。
枢軸軍から「双胴の悪魔」と恐れられた事から、今回のマルチキャンペーンの副題を

『シシリアのエンジェル』

とした。

今回の設定で離陸は掩蔽塹もしくは駐機場からのタキシングとなる。
「フラッシュライト」「ナイフ」「クロックタワー」の各前線基地駐機ポジションは
下記の通りである。搭乗前にしっかり頭に叩き込んでおいて欲しい。(機数により
多少位置が変化する)管制塔の指示に従って滑走路に進入すること。




フラッシュライト基地



ナイフ基地


クロックタワー基地


戻る

inserted by FC2 system